1000万円を貯める道のり

お金の大切さ、貯めることの楽しさ、節約の大切さを身にしみて感じ、このブログを読んでいただいている皆さんと共に1000万円を目標に貯金を頑張る男のブログです。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

節約① 生命保険2

さぁ制度の話をしたいと思います。

1 高額医療制度
名前は知ってるけど内容は分からないっていう人は、多いかもしれないですね。(僕もそうでした😅)

これは月の初めから終わりまでの医療費が高くなった場合、所得に応じて一定の金額を越えた部分が払い戻されるありがたい制度です。つまり1ヶ月の医療費が高額にならないように充実な制度があるんですね。
僕の場合は、標準月額28万~50万の部類にはいりますので、80,100円+(総医療費-267,000円)×1%です。例えば月の総医療費1,000,000円かかったら、そこから267,000引いて、733,000その1%ですから、7,330そこから80,100足すと、合計金額が87,430円です。

そして直近の1年間に3ヶ月以上この高額医療費制度の支給を受けてる場合は、4ヶ月目からは44,400円しかかかりません。ありがたい制度ですね。


2 傷病手当
これは業務外の病気やケガの為に働けなくなり、仕事を休み給料が支払われない場合や、下がった場合その間の生活保証をしてくれる所得保証制度です。連続で3日間欠勤すれば4日目から傷病手当が支払われます。期間は1年6ヶ月です。標準報酬月額の3分の2が支給されるまたまたありがたい制度です。この制度があると、お金にそれほど心配することなく治療に専念出来ますね。


3 医療費控除 
これは自分や家族の医療費等の負担額が、1月~12月の間に10万円(所得金額が200万円未満の人は所得金額×5%の額)を越えた場合に、その越えた金額をその年の所得から差し引く事が出来る制度です。つまり、年間の医療費等が10万円を越えたら税金が安くなるんですね。すごい良い制度ですよね。そして家族で合算出来る事も良いですよね。ただし保険金等で補てんされた場合は、その金額を差し引いて計算しなければなりませんので注意が必要です。

このような充実した制度があるので、安心して生活出来ますね。
ただこのようなありがたい制度も自分で申請しないと受けられませんので、このような制度を知るという事はとても重要だと思います。

さて、この制度をふまえて僕が入った保険は何か?

次に続きます。読んでいただきありがとうございます🙇

プロのファイナルプランナーに意見を聞いて自分に合った保険を考えるというのも、すごく勉強になって良いと思いますよ。
ぜひ無料で相談して、自分に合った保険を見つけてみてください。

 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。